秋はぎんなん 祭りはしゃちほこ

昔は、お祭りが終わった夜、なかなか寝つけなかった。ああ、このまま寝たら夢が終わってしまう、まだ夢を見ていたい、そんなことを考えながら、ごろごろと寝返りをうつ。今は、昔より夢と現実を行き来するのがうまくなった。冷めているといえばそれまでだし…

アイドルに恋するということは、きっとつらいことなのだ

今回の記事は、ひとりのアイドルヲタク青年の独白録です。自分が3年半以上、アイドルを応援してきて、アイドルに対してどういう感情を抱いているのか考え、悩んできた青年の葛藤をつづったものです。 アイドルヲタクの内面に興味がある全ての人にとって、「…

指原莉乃さんの考え方が僕と似すぎな件

前回の記事、「僕が指原莉乃さんを“怪物”と呼んだわけ」に引き続き、指原莉乃さんの新書『逆転力 ~ピンチを待て~』についてです。この中から、僕が「素晴らしい!」と思った7つの考え方をご紹介。 なぜ僕が「素晴らしい!」と思ったかと言えば、それが僕…

僕が指原莉乃さんを“怪物”と呼んだわけ

めっちゃ面白い本が出ちゃいましたね。まじで面白かった。 指原莉乃さんの新書、『逆転力 ~ピンチを待て~』。今年の選抜総選挙で渡辺麻友さんに1位の座を譲り、2位となった後に書かれた本です。 どーん 逆転力 ~ピンチを待て~ (講談社 Mook) 指原さんは…

大島優子が「仲間のため」にしてきたこと、それは"自己犠牲"だったのか?

映画を見てきました みなさん、暑い日が続きますがいかがお過ごしでしょうか。 わたくし、前回ヲタ卒に関する記事(僕らのヲタ卒)を書きましたが、まだ安定して元気にヲタやっております。8月の東京ドームコンサートにもお邪魔させて頂く予定です。 そしてつ…

僕らのヲタ卒

僕は、ヲタをやめる。 これが本当だとしたら、僕にとってかなり衝撃的です。 なぜなら昨今の僕のことを形容する上でもっとも適切な言葉は、“AKBヲタ”以外ありえず、この肩書を僕から外してしまうことは、AKBの(周りから見ればかなり熱狂的な)ファンという…

指原莉乃さんに学ぶ自信の持ち方

今日は母の日です。お母さんに日頃の感謝は伝えましたか? 僕はというと、まだ伝えてないです笑 母から言われたこと、ふと思い出したのでつぶやいたのですが、昔、こんなことがありました。 自分に絶望していた時期に、母から「昔は根拠のない自信で溢れてた…

司法試験論文の書き方関連ツイートまとめ

司法試験の論文の書き方に関して自分がしたツイートをまとめてみました。 【新司出身先輩弁護士談】試験委員が答案を読む際には「疑わしきは受験生の不利益に」の原則が働く。すなわち、当然の前提たる論理を飛ばしたり、曖昧な表現がなされていたら、基礎的…

僕たちの平凡な日常とAKB48に、共通点なんてある?

大島優子さんの卒業セレモニーが延期されてしまいましたね。僕も現場にいたので、さすがに中止決定を聞いた時は落胆しました。 大島優子、涙 AKB卒業セレモニーが春の嵐で中止「悔しい」 - MSN産経ニュース AKBでは、卒業のタイミングは基本的に自分で選…

あとがき

前回の記事「大島優子にとって、「センター」とは何か」を書いてから、大島優子さんがセンターの曲が発表されたりと少し動きがあったので、あとがき的なノリでさらっと書きたいと思います。まずは僕の過去ツイートから。 僕は、人生に特に意味はないし、人生…

大島優子にとって、『センター』とは何か

序 「この場をお借りして言いたいことがあります。私、大島優子はAKB48を卒業します。」 場内でのどよめきをよそに、彼女*1が最後の紅白歌合戦で、歌い、踊った曲は、自身がセンターを務める「ヘビーローテーション」。同曲は、「ヘビロテ」の愛称で親しまれ…

大島優子さんの言っていることが素晴らしい件

大島優子さんが、卒業発表後のインタヴューで、素晴らしいことを言っています。以下で、その部分を引用します。 AKB大島、突然の卒業発表に「晴れやかな気持ち」…秋元氏がNHKプロデューサーに許可得る (デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース AKBの…

大島優子さんの卒業と死生観

AKB48の大島優子さんが昨日、卒業を発表しましたね。 AKB大島優子、紅白で卒業発表 (オリコン) - Yahoo!ニュース 彼女は、僕と同い年ということもあって、ここ数年応援してきたのですが、リアルタイムで卒業発表に遭遇したときは、さすがに衝撃が走りまし…

人の営みは愛おしい

人の営みって、やっぱり素晴らしい。叶えられた夢も叶えられなかった夢もあって、一生懸命の人も堕落しちゃった人も生きて、そして死んでいったという事実。ありとあらゆる人の思いが交錯してできているのが”今”。僕たちが”今”生きているということの重みに…

言葉との向き合い方―この記事信じるべからず

先に言っておきますが、みなさん、今回の記事は結構大事です。 この記事を読むにあたっては、こたつに入ってみかんでも食べながら、ちゃんちゃんこ着用という正装をするのをお勧めします。 え、電車で読んでるって? いいでしょう、全く問題ありません。 さ…

未来に言葉はあるのか

僕が司法試験受験前に考えていたこと 言葉こそがコミュニティーを形作ってますよね。中高生のころ、仲間内でしか通じない言葉を使って楽しんだ経験とか、恋人同士でしか通じない、エピソードの隠れた言葉だったりとか、誰にでもありますよね。例えば「ビミョ…

僕は意味と友達になりたい

旅の目的って、目的地に行くことではないですよね。別に目的地はどこだっていい。ただ好きな人と時間を共有すること、ひとりで好きな時間を過ごすこと。"旅すること自体"が目的ですよね。人生が旅に例えられるのも、きっとそういうことですよね。死という結…

あきらめることの本質と展望

「法科大学院制度とAKB48というふたつの制度の酷さから考える、”あきらめる”ことの展望と本質」というブログのネタを思いついた。ブログ書いてないけど。誰か代わりに書いていいよ。— Yosuke Iwasaki (@Sako_sksk) May 3, 2013 このツイートをきっかけに書い…

真面目な僕の就活論は、不真面目なポストイットに落ち着いた。

日経朝刊の就活特集。就活生の企業の志望理由の75%以上が「仕事が面白そう」というのを挙げている。仕事が面白いのはもちろん超大事なことだけど、仕事に面白味を求めるのは筋が違うかな、と個人的に思っています。面白そうと思って実際やってみて詰まらな…

夢の現在形進行形を、夢ingとでも呼びましょうか。

「夢」は「未来」のことじゃなくて、「今」のことなんじゃないかな。10年前のことを思い出すと、あの時確かに自分は生きていたけど、夢だったんじゃないかな、って。「今この瞬間」こそが、将来の自分がうらやむ「夢」そのもの。そうやって僕らは、「今」…

ニワトリが先か、卵が先か

妄想族のみなさん、こんにちは。 今回の記事は、僕の単なる妄想です。 ぶっ飛びます。飛躍します。I CAN FLY!!します。 ニワトリと卵、どっちが先か。 結論から言うと、僕はニワトリが先だと思っています。 早速話は変わりますが、地球が自転・公転している…

「後悔することを後悔しない」覚悟、ありますか?

以前の記事で、こう書きました。 人生においては、夢が叶わないことは問題ではなくて、色々やってダメだったけどまぁまぁ楽しかったかなという充足感が大事だと考えています。 もっとも、全てを試すことは不可能である以上、一定の後悔は生じざるを得ないと…

「自分にしかできないこと」幻想のウソとホント

「自分にしかできないことをしよう」というのは僕は嘘だと思うんです。日本人だけで1億人いて世界に70億人いるんだから自分にできる大抵のことはきっと誰かも出来ます。でも、それはあくまで絶対的な評価であって、相対的にはみんな日々「自分にしかできな…

「結果が全て」 +「過程こそが大事」=???

山に登ることに、意味はない。本当に「そこに山があるから」以外に理由はない。富士山を登頂したからといって、本当に次の日から人生変わると思うのか?いや、変わらないだろう。結果それ自体に意味はない。過程が大事だという意味は、逆説的には、そういう…

「法律学は、ケルンに石を積む作業」の謎。

「 なぜ法律学にはノーベル賞がないのだろうか」 その理由として、法律学は、「理科系の学問と異なって、飛躍的にその学問分野を発展させるような発明発見とは無縁であることが挙げられる」。 「理科系の分野でも、学問の発展はすべて先人の業績の上に築かれ…

常識は、敵か?味方か?

常識とは? ①IT企業社長・日向徹の場合 「常識?あー、凡人が仲良く生きるためのルールか。」— 日向徹 (@toru_hyuga) April 5, 2013 以前やっていたドラマ「リッチマン、プアウーマン」の主人公で、小栗旬扮する破天荒なITベンチャー社長、日向徹。 あまり…

法科大学院とAKB48に、共通点なんてある?

「法科大学院制度とAKB48というふたつの制度の酷さから考える、”あきらめる”ことの展望と本質」というブログのネタを思いついた。ブログ書いてないけど。誰か代わりに書いていいよ。— さこ (@Sako_sksk) May 3, 2013 2か月前にこんなツイートをしていたこと…

【告白】僕も偽善者です、たぶん。

広辞苑 第五版を開くと(電子辞書ですが)、 偽善…本心からでなく、みせかけにする善事……とある。 この定義を前提にすると、僕は、基本的に人間の行動は全て偽善的であると考えています。同時に、偽善的であることを恥じる必要は全くないと考えています。 人…

「未来を創ってるのは今」は本当か。

一年くらい前のとある日、僕は何をつぶやいたのか。 未来を創っているのは今だ、だから今を一生懸命生きよう、という話は何かちょっと変だ。だって、僕たち日本人の多くは今頑張らなくても本当に食べ物に困るわけでもないし、明日も普通に日が昇って、きっと…

このブログについて

はじめまして。 twitterでの自分のつぶやき(@Sako_sksk)をまとめたり、自分の考えたこと感じたことを書いていこうと考えています。 適当に気楽に書いていくので、適当に気楽に読んでいただければと思います。 よろしくお願いします。