夢の現在形進行形を、夢ingとでも呼びましょうか。

 

過去ツイートを振り返ろうシリーズ。 

このツイート自体は、ただの言葉遊びに近いですが、今回は”夢”について少し思うところを書きたいと思います。

 

「夢を持つことの大切さを、すごく感じました」

世界で活躍するスポーツ選手とか、諦めずに頑張って企業を復活させた経営者とか、ブレイクした芸能人とかの半生みたいのを、テレビでやることありますよね。

いわゆるVTRなるもので、俳優さん女優さんがその人の半生を演じるわけです。

で、ゲストの人がこう言うんですよね。

 

「夢を持つことの大切さを、すごく感じました」

 

出ました、内容のないコメント!!

それに対し周りに人も「そうですよねー」って。あんた本当に思ってんのかよ。

こういうコメントを聞いた瞬間、僕はビンタかましてますよ、テレビに。もしくはデコピンか、こちょこちょの刑ですよ。

 

「夢を持ちましょう」とか「夢はでっかく」とか

よく言われますよね。クラーク博士の「少年よ、大志を抱け」は余りにも有名です。小学校の教科書にも載ってるし、穴埋め問題とかでも出題されそうです。

 

でも、これらの言葉の薄っぺらさに、実はみんな気付いているのではないでしょうか。

もしくはこの言葉の真意が、余りにも誤って解釈されている。

 

”夢”を理想とか願望とかいう意味でとらえるなら、”夢”を持っていない人はいません。

 「結婚したい」「ビッグになりたい」「世界平和が訪れますように」「友達100人できるかな」「アイス食べたい」「バルス!」。

 

大小ありますが、これら全部「夢」です(最後は違うかも)。

これぐらいの夢はみんな持ってる。

だから夢を持つこと自体、何が大切なのか、実際よくわかりません。

せいぜい夢の世界を夢見ているときだけは、楽しいかもしれないってだけです。

 

「海賊王に、俺はなる!!」

漫画ワンピースの主人公、ルフィの言葉です(実在の人物じゃなくてすいません)。

彼は常に「俺は、海賊王になる男だ」と言っています。

 

果たして、海賊王になることはルフィの”夢”なのでしょうか?

僕には、そうは見えません。

つまり、彼は将来の夢として海賊王を語っているのではなく、今現在の自分の状態を語っているように、僕には思えます。

 

夢を叶えつつある猛者共を見てて、僕が感じるのは、「奴らは圧倒的に”今”を生きている」ってことです。

「夢は○○です」と奴らが語るとき、奴らは ”夢”という言葉を使いながら、全く将来の理想の話をしてません。

奴らは紛れもなく、”今をどう生きているか”の話をしています。

 

決断し、あきらめること

夢を叶えつつある人は、既に”決断”しています、夢以外の現実をあきらめることを。

決断した瞬間から、夢は将来の話ではなく、今この瞬間の行為規範となります。

いわば、未来形の夢を現在進行形に変換するのが、”決断”なのです。

 

たくさんの選択肢があるより、従うべきひとつの規範が存在することは、実は結構幸せな事です。自分で選んだ(と思っている)規範ならばなおさらです。

だから奴らは夢以外をあきらめながらも、悲観的ではなく、とても肯定的な感情に溢れています。ルフィもまさにそんな感じです。

 

結局、”夢を持つことが大切”なんじゃなくて、そのずっと先にある”決断し、あきらめること”こそが大切なのだと、僕は思っています。

 

決断できないのもまた一興

さて、”決断することが大切”とは言っても、そんなことみんな知っていますよね。

しかし、実際は決断が出来ない。隣の芝が常に青く見えて、他の選択肢を捨てられない。

 

普通の人は、決断できません。

どういう動機付けがあれば決断できるのかは、正直僕も全然わかりません。

決断する人は、ただ何となく強くそう思うようになった、という人も多いように見受けられるからです。必然性があるように見えて、全て偶然の産物のようにも見える(関連記事:偶然の産物論)。

 

でも、別に決断できなくても良いと思ってます。

決断には大きな代償を伴うこともあるし、そもそもみんなしっかり決断し始めたら、みんなすごくなって、みんな総理大臣かサッカー選手かパイロットにでもなってしまいます。

 

それぞれができる範囲でそれなりの”決断”を小さく積み重ねていけばいいんです。 

決断したい奴はすればいいし、決断できない奴はしなくていい。

 

どっちの道も、それなりに嬉しいこと、辛いこと、あるでしょう。

どっちが良いかは、ひとそれぞれです。

 

みなさんはどんな決断をしていますか?

 

最後に名言を。

『勇気を修養するものは、進む方の勇ばかりではなく、退いて守る力の沈勇もまたこれを養うよう心掛けねばならぬ。両者がそろって真の勇気が成る。』-新渡戸稲造

 

それでは。もんもん。