【AKB48学】おわりに アイドルにとって、『人生』とは何かーアイドルの未来を信じて

Kindle化を断念した幻の『AKB48学』。そのブログ化企画です。

(経緯と目次はここでご確認ください→『AKB48学』っていうタイトルのKindle本を出そうとしてやめた話

 

今回の記事が最後です。もはや『AKB48学』はほぼ出版されたも同然となりました。

いやはや、嬉しいこと。 

 

******* 

おわりに アイドルにとって、『人生』とは何かーアイドルの未来を信じて

 

 さて、この本もおわりとなります。少々情報が古かったり、筆の勢いに任せてぐちゃぐちゃ書かれていたり、お見苦しい部分もたくさんあったかと思いますが、「AKBを通して考える実践的人生論」、楽しんでいただけたでしょうか。

 アイドルにとって『人生』とは何か。本のサブタイトルとして掲げ、多くの情報から彼女たちの人生を見てきました。それによって少しでも彼女たちが自分たちの人生のことをどう考えているかを描いてきたつもりではありますが、その結論は常に僕たちの先を歩いているようで、見えるようでなかなか見えません。しかし、たしかなのは、彼女たちがアイドルを通過点として捉えていることです。たとえアイドルを目指して入ってきたメンバーであっても、必ずその先の目指すべき世界を見つけ、卒業していきます。新しいメンバーを歓迎し、多くのメンバーを見送り、いつかは自分も去らねばならない日が来ると覚悟をもって活動していく。このように、人生は常にうつろいゆくものであることを、彼女たちは身を持って体感しているのだと思います。ときに喜びに溢れ、ときに悲しみに暮れる。自分の勘違いに気づきながらも、最後まで信じ抜き、仲間と過ごすその時間を肯定していく。それが、アイドルたちにとっての「人生」です。

 一方で、ぼくたちも同じ状況にいるのではないでしょか。環境は常に変化し、良い時もあれば悪い時もある。人生には浮き沈みが付き物です。しかし、ぼくたちにはアイドルが付いています。僕たちの横で、天使たちは目一杯の笑顔とともに一緒に走ってくれているのです。顔を上げ、前を向いてからでないと横にいる天使に気づくこともできません。自分の好きを明確にして、自分の可能性を勘違いして本気で生きて、たまに横にいるアイドルから元気をもらう。それが、僕たちにとっての「人生」です。

 最後にちょっとだけ、恥を承知でアイドルの未来について述べてみます。AKBを注意深く観察していれば、おのずとアイドルの未来も見えてくると思いますが、この先は、アイドルとオタクの対立構造、もしくはアイドル、オタク、プロデューサーという対立構造が溶け、ますますひとつの共同体として機能していくことになるのだと思います。そして、その構造が溶けることによって、「アイドルの恋愛」という最大のタブーもますます議論されていくことになるのでしょう。

 今後も、オタクたちが自由に語り合い、アイドルを応援し合い、楽しい時間を共有するというアイドル文化、もしくはその「アイドル的」な文化が脈々と続いていいくことを願うばかりです。

 

 最後まで、僕の壮大な勘違いにお付き合いいただき、ありがとうございました。

*******